キーンという耳鳴りを改善させるには?

耳鳴りに悩まされているアナタ!こちらでは、耳鳴りの知識や改善方法などをお伝えしています。

耳鳴りの原因は?

耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)と一口にいっても、実は耳鳴りにはたくさんの種類があり、当り前ですが、その種類により原因にも違いがあります。 例えば、高層ビルのエレベーターに乗るとキーンという耳鳴りを誰でも経験しますよね。 これは気圧の変化による一時的なものですから、心配はありません。 しかし、場合によっては、大変危険な病気が耳鳴りの原因であることも少なくないのです。 顎や耳の周囲の血管などに異常が起きた場合には、血液の流れるザーザーといった音が耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)として聞こえたりします。 耳鳴りだけでなく、めまいや頭痛、吐き気などを伴う場合には、内耳に異常があったり、中枢神経に異常がある可能性が高いです。 場合によっては、高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)、動脈瘤(過度な飲酒、喫煙、塩分の摂り過ぎなども要因となるかもしれません)、腫瘍など深刻な病気が要因となっていることもあります。 他には、メニエール病、腎炎、加齢による症状、難聴、心因性のもの、投薬などが原因のものなど、その原因は様々ですから、ただ耳鳴りがあるといっただけではその原因を突き止めることはできません。 ただし、その音が自分にしか聞こえないか? 他の人にも聞こえるか? 耳鳴り以外の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)があるか? あるとしたら、それはどんな症状か? 耳のどの部分で症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出ているか? 耳鳴りの音はどんな音か? それらによって、ある程度予測することは可能でしょう。 だからといって、耳鳴り以外の症状がある場合は、できるだけ早く病院で診察を受けた方がいいでしょう。 エレベーターの昇降など、自分で耳鳴りの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)がわかっている場合を除いては、やはり、何らかの異常を疑った方が無難です。

<PR>
肩こりで疲れやすい?それならコレで肩こりを解消させよう! 対人恐怖症の原因は?対人恐怖症を克服する方法はコチラ!

耳鳴りの治療法には・・・




耳鳴りの要因として、一つではありません。

例えば、頭蓋骨、特に、顎の骨が歪んだりすると、耳鳴りを発症することがあります。

それに、コンサート(全国を回って行うツアーなどもあります)会場のような大音量の場所に長時間いると、耳鳴りを発症することもあるでしょう。

脳腫瘍やメニエール病など、特定の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が原因で耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)を発症することも少なくないでしょうし、ムチウチなど頚椎の圧迫によっても耳鳴りが発症します。

また、薬もの等の中毒やストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)性自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)などが原因で耳鳴りが聞こえる場合もあるのです。

つまり、耳鳴りの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)をするには、耳鳴りの原因となっているものを取り除く必要があるわけですね。

耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)は一般的に、難聴を併発していることも多く、難聴と耳鳴りの両方の治療を同時に進めることも珍しくないでしょう。

一例としては、老人性難聴などの場合です。

耳鳴りの治療に使われる方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)は、その原因にもよるでしょうが、内服薬、注射、漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)などによる薬物療法やカウンセリングなどの心理療法(様々なやり方があり、患者の性格や症状によっても向き不向きがあるといわれています)。

音を使用した療法、レーザーや手術などの外科的療法などがよく使われています。

中耳炎(急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎などがあります)が原因の耳鳴りのように、耳だけに原因がある場合には、耳鼻科で治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が行えます。

でも、他に耳以外にも耳鳴りの原因がある場合には、その原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)が耳鼻科では診断できなかったり、治療出来なかったりするでしょう。

その場合には、脳神経外科や精神科、内科など、様々な場所で検査する必要も出てきます。

そして、その病院により、治療方針や治療方法には違いがあり、耳鳴りを治療させるための機器が十分に揃っていないこともあるようです。

まずは、耳鳴りの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を突き止めた上で、その原因を治療できる病院を探なさってください。











耳鳴りの症状とは?




耳鳴りには、色々な種類があるのですが、一般的には、「他の人には聞こえない音が、自分にだけ聞こえる」のが耳鳴りです。

耳鳴りの元がどこから発せられているか?

例えば、耳の中なのか、脳からなのか、中枢神経か、顎のあたりか、もっと全然別のところか?

また、耳鳴りの原因が何なのか?

によって、聞こえる耳鳴りの音に違いがあったり、耳鳴りのする頻度や耳鳴りが起きる時間帯に違いがあることが多いです。

難聴の方の場合には、外からの音は聞こえにくいのに、耳鳴りだけは大きく聞こえるということもあるでしょう。

また、静かになったら音が聞こえ始めるため、夜眠れないというケースも少なくありません。

耳鳴りの原因が別の病気にある場合には、耳鳴りに限った事ではなく、目眩や頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)、吐き気等の症状も同時に出ることが多く、これは大変危険な状態と思っているのです。

耳鳴りとしてよく聞こえるとされる音は、ザーザー、ドクドク、ブーン、ゴーゴー、ボーボー、キンキン、キーン、シーン、カチカチなどです。

人により表現もまちまちですが、ほとんどの場合には、こういった音が聞こえるではないかと思います。

そして、片側からだけ耳鳴りが聞こえる方もいれば、両耳とも耳鳴りが聞こえる方もいますし、その時により違うという方もいるようです。

夜寝る時になると耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)が聞こえてきて眠れなくなる、耳鳴りと難聴の発作を繰り返す、突然耳鳴りが起きるようになったなど、症状の現れ方はその人によって違います。

いずれにしても、早期治療が大切ですから、耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)がするなと思ったら、早急に専門機関での検査を受けるようにしてください。










<PR>
【効率よく英語を覚える】英語が話せるようになるには?
夏までにムダ毛を処理したい方!おすすめの除毛クリームはコレ!

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Search

商品紹介

Monthly

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約